福岡市長高島 宗一郎 様

要望事項

〈九州大学関連〉

  1. 「九州大学と福岡市との協力協定書」に基づき、九州大学と連携・協力して地域社会の振興を図られたい。
    ①九州大学の持つ知的資源の活用
    ②市民と大学との交流の推進
    ③伊都キャンパス周辺等のまちづくり
    また特に農学部については、農業、水産業等について地域との更なる連携を図られたい。
  2. 西鉄バス九大(都市高速)博多駅線沿線に居住する九大学生及び住民の利便性向上のため、西警察署前から産学連携交流センターまでの間に適宜バス停を新設するよう西鉄に要望されたい。
  3. 「九州大学学術研究都市構想」の一翼を担う、桑原地区のまちづくり及び北原・田尻土地区画整理事業並びに周船寺駅南地区土地区画整理事業について、地元の意見を踏まえ、手厚い支援をされたい。

    〈道路関連〉

  4. 福岡前原道路から学園通線に連絡する、天神方面へのONランプ、周船寺方面へのOFFランプを徳永交差点付近に早期整備を行うことを強く要望する。
  5. 市道福重石丸線(新室見~西部市場跡地間)を早期に拡幅整備されたい。
  6. 都市計画道路姪浜飯盛線を金武地区まで延伸し整備されたい。
  7. 都市計画道路の周船寺駅前線を早急に整備促進されたい。
  8. 県道福岡早良大野城線の202号バイパス飯氏交差点から筑前高校前までの全面的な拡幅整備を早期に実施されたい。
  9. 今津橋は、狭あいかつ老朽化していることから、早期の架け替えを推進されたい。
  10. 室見川左岸の道路整備の促進を図られたい。また、河畔公園については、早良区側を含めた回遊性の確保を図られたい。さらに、乙井手堰から上流部の堰等(日向川、花立堰、竜谷川)で分断された箇所の連続性についても検計されたい。
  11. 今津・北崎地区の道路整備を推進するとともに、金武~飯場地区の道路整備計画を策定し調査に着手されたい。
  12. 西区の東西を結ぶ幹線道路である市道千代今宿線は、渋滞が慢性化しているため、交差点改艮などの渋滞対策とともに、自転車や歩行者の安全通行機能の拡充を図られたい。さらに、市道千代今宿線の4車線化の都市計画決定を視野に入れ、特に、現在実施中の興徳寺橋の架け替えに際しては、4車線化に配慮した取り組みを積極的に進めてもらいたい。
  13. 国道202号の今宿交差点以西については、順次、市道に移管できるように国に要望されたい。〈河川関連〉
  14. 平成30年7月豪丙で氾濫危険水位を大きく超え、避難勧告など発令された室見川について、至急、長期計画を策定の上、氾濫の危険性が生じないよう整備し適切な維持管理を行うよう、強く県に要望されたい。  また、西区のため池に関しても避難勧告を出すことがないよう適切に維持管理を行っていただきたい。
  15. 周船寺川、水崎川、弁天川の全面改修を早期に図られたい。また、十郎川の通切な維持管理を県に要望されたい。
  16. 今津干潟に関わる地域の浸水対策を行うと共に、県に対し瑞梅寺川の治水対策を強く要望されたい。また、今津干潟においてゴミ回収など、環境保全に資する取り組みを推進されたい。



    〈公園関連〉

  17. ①今山遺跡を史跡として遉正に保存し交通アクセス、案内標識等の周辺整備を行い、史跡公園として活用を図るため、民有地買収にも取り組まれたい。
    ②今津をはじめ、西区に広く点在する元寇防塁について、史跡として追正に保存し、交通アクセス、案内標識等の川辺整備を行い、史跡公園として、また、福岡市を代表する観光資源として更なる活用に取り組まれたい。
    ③吉武高木追跡について、西区の貴重な歴史資源の一つとして広く周知されるよう、展示館の設置など公園整備内容の充実化及び案内標識等交通アクセスの更なる改善に取り組まれたい。
  18. 生の松原海岸森林公園は昼でも暗く防犯上も問題があるため、より安心してご利用できるよう見通しの確保を図るとともに、地元と協議しながら、公園のベンチの増設を行っていただきたい。また、管理運営にあたり地元の組織との共働並びに地域活動の支援を更に図られたい。

    〈公共交通関連〉

  19. 公共交通空白地対策として運行中の公共交通機関については、行政支援による維持を図るとともに、地域に経済的負担が生じないよう図られたい。また、交通不便地などに対する支援の充実を図られたい。
  20. 地下鉄七限湶橋本駅と空港線姪浜駅間の速達性を重視し循環型公共交通機関の充実について、交通事業者と協議の上、取り組みを強力に推進されたい。

    〈まちづくり及び地域振興関連〉

  21. (21)小呂島、玄界島の離島振興対策として、
    ①水産振興及び六次産業化の推進を図られたい。
    ②島内に宿泊施設の設置を図られたい。また、欠航時に島民が帰宅できない場合の、姪浜・博多ふ頭側での宿泊先について便宜を図られたい。
    ③島民の生活に欠かせない移動手段である渡船の料金については、5%の島民割引にとどまっており、更なる割引を図られたい。また、航路の増便を図られたい。
    ④子どもが島外に通院する場合の渡船料全は減免され無料となるが、付き添う保護者の運貨についても割引等の対象とされたい。
    ⑤下宿している高校生等に対して、更なる住居費補助の増額及び通学者への通学費助成策を講じられたい。
  22. 能古島の振興対策として、
    ①能古島への観光客増加への支援を講じられたい。
    ②人口減少が進む能古校区のまちづくりについて、島の活性化策を検討するとともに、その実現に向けた取り組みを推進されたい。
  23. 人口減少等が進む北崎校区、今津校区及び今宿校区の市街化調整区域のまちづくりについて、土地利用規制の緩和や区域指定型制度の活用も含めた活性化策を推進されたい。
  24. 地下鉄七隈線橋本駅について、
    ①駅周辺のまちづくりについては、橋本駅前土地区画整理事業及び橋本駅南土地区画整理事業に対に地元の意見を踏まえ手厚い支援をされたい。
    ②橋本駅上部の土地の有効活用を図られたい。
    ③橋本駅への交通アクセス(バス路線)の充実促進を図るとともに、特に、令和2年6月に開始したAIを活用したオンデマンドバス「のるーと」の本格運行に向けて支援をお願いしたい。
  25. 飯盛山の登山者向けトイレを飯盛神社の中宮付近に設置されたい。
  26. 西区内に、新たに音楽・演劇練習場を整備されたい。
  27. 西区においては、保育所の待機児童及び未入所児童は減少傾向にあるものの、増加する保育ニーズに対応するため、今後も多様な手法によりその解消を図られたい。また、特別養護老人ホームにおいても入所待機者が多数となっているので、解消を図られたい。
  28. 令和元年度より農林水産局にイノシシの被害対策を総合的に行う担当課を設置され、生息調査、捕獲活動の強化及び啓発など被害防止に取り組まれている。しかし、イノシシの出没等は後を絶たず、平成30年10月に今宿駅付近で起きたような人的被害の発生が危惧されることから、ワイヤーメッシュ柵の設置による被害防止や箱わなの増設による集中捕獲の強化を図られたい。加えて、エサとなる未収穫野菜・生ごみの適切な処理についての市民啓発や、耕作放棄地対策等によるイノシシが人里に近づきにくい環境整備等、神戸市など他都市の対応も参考に、これまで以上の効果的な対策を図られたい。